安くて美味しい通販餃子は?おすすめ人気ランキング!|お取り寄せ餃子徹底講義

alt_02

餃子をお取り寄せする3つのメリット

チェック画像作る手間が省けて気軽に食べられます

小麦粉を水でこねて皮にしたり、野菜を小さく刻んで具を作ったりといった作業の手間が省けるので助かります。

チェック画像自宅に居ながらにして全国の味が楽しめます

遠方に赴くこともなく、行列に並ぶこともなく、ご当地グルメを賞味できます。

チェック画像バラエティーに富んだ食べ方ができるので飽きません

冷凍で大量購入しても、焼いてよし、煮てよし、揚げてよしの餃子は、マンネリとは無縁の料理。

alt_03

ビールのおつまみとしても、ご飯のおかずとしても楽しめる餃子は、子供からもお年寄りからも人気のメニュー。起源は中国ですが、日本人の口に合うようにアレンジが加えられ、今や国民食といっても過言ではないほど、食卓に欠かせない存在になっています。大皿に盛り付ければ、見栄えも良いので喜ばれます。さらに野菜、肉、炭水化物が三位一体の餃子は、ビタミン・タンパク質・炭水化物・脂肪・ミネラルなどの栄養バランスが良いのも魅力。また豚肉に含まれるビタミンB1と、ニラやニンニクに含まれるアリニシンという成分を同時に摂取することによって、高い疲労回復効果が期待できます。さらには植物繊維も豊富なので、便秘解消にも一役買ってくれるなど嬉しい限り。

ただし家庭でひとつひとつ手作りするのは大変。小さな皮を麺棒で伸ばして作り、ニラ・白菜・ニンニクなどの野菜をみじん切りしてミンチ肉と混ぜ合わせて具材を作り、そして、ひとつずつ包み込んで形を整えるのは時間がかかります。スーパーで市販されている冷凍餃子も、近頃は各メーカーが切磋琢磨しているおかげで品質アップしていますが、どうせなら専門店が作るとびきりの餃子をお取り寄せして味わいたいものです。

餃子といえば、栃木県宇都宮が聖地として名高いですが、全国各地にも個性豊かで美味しいものがあります。餃子はもちろん、それを付けるタレにもこだわっている店も多数。宅配システムの充実や冷凍技術の進化に伴い、中華レストランでプロが調理するのと同じクオリティーを、自宅でも再現できるようになりました。最もオーソドックスな食べ方は焼き餃子ですが、カロリーが気になる人や、食事にスープを一品加えたい時などは水餃子が最適です。お酒のおつまみとして子供のおやつとしてスナック感覚で食べたい時は、揚げ餃子もいいでしょう。

餃子をお取り寄せするときの注意点

チェック画像冷凍なのか、冷蔵なのか配送の方法を確認

自宅に届く状態によって賞味期限が変わってきます。冷凍は日持ちしますが、冷蔵なら2~3日中に食べきるのが鉄則。

チェック画像配送の日時にも配慮して受け取りそびれのないように

特に冷蔵での宅配の場合、荷物の到着日指定が可能であれば、是非やっておきましょう。留守をしがちな人は特に注意が必要です。

チェック画像個数など注文内容は間違いがないように

食品なので、商品出荷後のキャンセルや返品はもちろん不可能なので、きっちり確認を。

ご当地名物の餃子をお取り寄せして自宅で賞味

美味しく、栄養バランスが良く、リーズナブルと三拍子そろった餃子は、食卓の主役にも脇役にもなれる、まさに優れもの。B級グルメの代名詞的存在でもあり、日本人は餃子が大好き。各地で美味しい餃子屋の前には行列ができています。そんな地元の人気店の味を、わざわざ店舗まで行くことなく、自宅にお取り寄せして味わえるのはとても有難いことです。消費者からのニーズに応えるべく、人気餃子店の多くは、公式ホームページで通販を行っています。

餃子とひとことに言っても、バラエティーに富んでいます。どこ産の豚肉を使用しているのか、野菜は白菜中心なのかキャベツ中心なのか、皮は厚めなのか薄めなのか、中華風なのか和風なのかなど、個性を際立たせる要素はたくさんあります。ニンニクが匂わないように工夫され、口臭が気になる人でも安心して食べられる餃子もあります。全国からお取り寄せをして食べ比べるほどに餃子の奥深さがわかり、魅了されるはずです。

現在のお取り寄せの流行は、もっぱら生餃子です。すでに食べる時に電子レンジで温めるだけの焼いたものではなく、自分で火を通して食べるタイプのものです。通販で届いた商品に添付された作り方を参考にすれば、料理に不慣れな人でも、さほど苦労することなく調理できるはずです。解凍してからフライパンまたは鍋の中に入れるのか、それとも凍ったまま調理するのか、冷凍品を購入した場合はきちんと確認しておきましょう。

焼き餃子の場合は通常、油を少量入れて温めたフライパンで、強火のまま焼き目を付けます。キツネ色になったら、小麦粉を溶いたお湯を入れて蓋をのせ、蒸し焼きに。中の具材にまでしっかり火を通し、ふたを取って余分な水分を飛ばせば、羽付き餃子の出来上がりです。外はカリッと、中はふんわりとした食感が実現できれば最高です。焼きすぎると皮が焦げたり肉が硬くなってしまったりするので、火加減には十分注意しましょう。

水餃子にする場合は、鶏ベースの和風スープ、または豚やカキなどがベースの中華スープで煮込めばよいだけなので簡単です。皮のもっちりとした食感が失われてしまうので、煮すぎは禁物です。個人的には、卵でとじた市販のワカメスープに餃子を入れる食べ方にはまっています。具沢山の豪華なスープに変身し、卵と豚肉の相乗効果で甘みと旨味が増します。さらにそこに白ごはんを入れてお粥風に食べると、満腹になって幸せな気分に。

揚げ餃子の場合、熱した油に入れるだけですが、美味しく仕上げるには一番難しい方法かもしれません。油の温度が低すぎると、揚げるのに時間がかかって具材の中の水分が逃げしまって、表面はべたべたで中身はパサパサになり、また逆に温度が高すぎると、外側が黒くなってしまい中身にまで火が通らない状態になってしまいます。理想は170℃前後の中温。小ぶりの餃子の場合は、この温度でこんがり焼き色が付くころには、中身にもきっちり火を通すことができます。いずれの調理法でも、成功の秘訣は餃子の皮を破らないことです。閉じ口が緩んだり破裂したりして、肉汁が逃げてしまうと、味わい深さが半減してしまいます。

食べ方はもちろんお好みですが、ひとつ目は何もつけないで味見をしてみましょう。じっくりと噛みしめていると、肉と野菜との相性、肉汁の旨味、皮のほのかな甘みが感じられて、餃子の醍醐味を味わうことができるはずです。つけダレも餃子本体と同様、各店が力を入れている分野なので、じっくり味わってください。余談ですが、タレをチャーハンの味付けに応用するのが私流です。香りが豊かで旨味が凝縮されているので、いつものチャーハンが何倍も美味しく感じられるようになること請け合いです。

alt_04 全国各地からお取り寄せをして、餃子の食べ比べをしてみるのも楽しいでしょう。作り方や素材の違い、つけるタレによって、味わいが全く変わってきます。

メディアでも話題の餃子を比較してみました

宿院龍華山の生餃子

宿院龍華山の生餃子
総合評価 値段
◎ ◎ ○

大阪府堺市発の餃子。旨味のある肉、しゃきっとした野菜など、新鮮素材の持ち味が堪能できます。自宅でもパリッと焼きあがる皮を使用。

商品詳細ページはこちら

宇都宮みんみん

宇都宮みんみん
総合評価 値段
◎ ○ ○

昭和33年に餃子の聖地・宇都宮で創業した老舗が作る、白菜がたっぷり入ったあっさりの餃子。ニンニクの匂いは抑え、旨味だけが味わえるように工夫して調理されています。

商品詳細ページはこちら

餃子専門店イチロー

餃子専門店イチロー
総合評価 値段
○ ◎ ○

特製の味噌だれを付けて食べる、神戸発の餃子。小さめのサイズで食べやすく、野菜の歯ごたえが良いのが特徴。特製の味噌だれのみの販売もしています。

商品詳細ページはこちら

たれ屋 クロワッサン餃子

たれ屋 クロワッサン餃子
総合評価 値段
○ ○ △

香川の実店舗でも行列必至という大人気の餃子。皮のもちっとした食感が圧巻で、いくらでも頬張れてしまいます。注文後、受け取りまで1年待ち。

商品詳細ページはこちら

泰興楼のジャンボ餃子

泰興楼のジャンボ餃子
総合評価 値段
○ ☓ △

東京の八重洲に本店を構える中華屋が作る餃子は、食べごたえのある約12cmのジャンボサイズ。もっちりとした皮の食感と肉汁の旨味が楽しめるのが魅力です。

商品詳細ページはこちら

白ごはんに合う龍崋山の生餃子

チェックボタン画像新鮮で素晴らしい食感の野菜がたっぷり

チェックボタン画像大阪・泉州のブランド豚の旨味が凝縮

チェックボタン画像鮮度を重視して、作り置きしないのがモットー

大阪府堺市に2店舗を構える、地元で大人気の餃子専門店。ローカルグルメが通販のおかげで全国各地からお取り寄せできるようになりました。龍崋山の生餃子は、口当たりはさっぱりですが、泉州産ブランド豚・犬鳴ポークが味わい深いので、白ごはんが進みます。犬鳴ポークは、大阪の泉州で生産されている希少価値の高い豚で、ジューシーで弾力のある肉自体の味が濃いとあって、美食家たちから絶賛されています。

餃子に使用するのにまさに最適な品種といえるでしょう。厳選された新鮮野菜との相性も抜群で、ニラの代わりにネギを使用しているので風味が高く、ニラ独特の匂いが苦手だという人も安心。皮の食感も良く、素人でも上手に焼けるよう工夫されています。龍崋山の生餃子の真骨頂を味わうには、焼くのが一番。宅配で餃子と一緒に送られてくる作り方を参考にすれば、簡単にプロの焼き具合が完成し、外はパリッ、中身はもっちりという食感が自宅でも楽しめます。

防腐剤などは一切使用せず、冷蔵で宅配されるため、通常の賞味期限は3日です。到着後にすぐに冷凍をすれば期限を延ばすことも可能ですが、冷凍によって、新鮮野菜の風味と肉の柔らかさが失われかねないので、やはり早く食べてしまうのがお勧めです。

宿院龍華山の生餃子をお取り寄せした感想

餃子にはまっていて、その中でも生餃子が好きですがなかなか好みのものに巡り合うことができず、お店に食べに行くことが多かったです。でも自宅でも美味しいものが食べたいと思い、通販でないか探した時に知ったのが宿院龍華山の生餃子のお取り寄せでした。通販にすると送料もかかるし、餃子として考えた時には安くは無いなと思いましたが、宿院龍華山のものは美味しいと良く耳にしていたので、お取り寄せしてみようと決めました。

注文してから数日で届き、こころまちにしていたのでスピーディな対応でとても嬉しかったです。同封されていた作り方を参考に作ったところ、本当に美味しい餃子が自宅でできてびっくりしました。本格的なお店の味が自宅で食べられて、満足できたのは初めてでした。白米とよく合うなという印象で、全体的なバランスがとても良いと感じて、次々とお箸が進んでいってしまい気がついたら食べ終わっていました。家族もとても喜んで食べていて、もうお店に食べに行きたく無いというほどだったのでまたお取り寄せしようという話になりました。

宿院龍華山の生餃子をお取り寄せするまでは、通販では本当に美味しいものに出会うことはできないだろうなと思っていましたが、こんなに美味しい餃子だとは思わなかった分、本当に嬉しかったです。注文してからの対応も迅速で、料金も高いと最初は思いましたが、この味を自宅で味わうことができるなら高くは無いなと思います。豚肉と野菜という非常にシンプルな具材にも関わらず、こんなに違いを感じるものなんだなと驚きましたが、自分では絶対に作ることができないと思うので、さすが餃子専門店は違うなと思いました。美味しい餃子に巡り合うことができて本当に良かったし、また近いうちに宿院龍華山の生餃子をまとめて注文したいなと思っています。

公式サイトはコチラ

宿院龍華山の生餃子を取り寄せてみました

美味しい餃子が食べたいということで通販から探したところ、宿院龍華山の生餃子がとても美味しそうに見えたのでお取り寄せしてみることにしました。餃子専門店というだけあって、いろいろこだわりがありそうだったので選びましたが、電話での注文でもとても丁寧に対応してもらえて何時頃届くのかも教えてもらえて良かったです。数日後に届いた餃子には、美味しい焼き方のレシピもあって親切だなと思いました。レシピを見て作ったら、本当にお店で売っているような雰囲気の餃子が出来上がって嬉しかったです。

通販ということもあり、そこまで期待はしていなかったのが正直なところでしたが、一口食べて美味しいとすぐに思いました。食べやすいサイズで豚の臭みもなく、具材が野菜と豚というシンプルなものなのに旨味が凝縮されているという感じで、本当に美味しいと思いました。濃いめの味付けになっているので、コンセプト通り白米によく合うと思います。入れ物も豪華なデザインで贈り物としても良いというのも嬉しいポイントかなと思います。

宿院龍華山の生餃子はお取り寄せでも、冷凍されることなく冷蔵なので本当に美味しく新鮮な餃子を食べることができるんだなと思います。中身はジューシーで、皮はパリパリとしているし、焼き方も簡単なので失敗することがないです。通販を利用することはそうないと思っていましたが、お店に行かなくても美味しい餃子を食べることができるし宿院龍華山の生餃子は我が家の定番メニューの一つとなりそうなので、今後もお取り寄せすることになると思います。人気が出ると、お取り寄せしてから届くまでに時間がかからないか心配ですが、知り合いにも勧めたくなる味です。家族みんなが美味しく食べることができるお取り寄せの餃子を知ることができて、本当に良かったです。

オススメ記事

宿院龍華山の生餃子

宿院龍華山の生餃子は、「泉州犬鳴ポーク」というブランド肉を贅沢に使い、素材にもこだわって作られている餃子です。白ご飯に合う餃子をコンセプトとした味付けがされており、白ご飯を引き立てるしっかりめの味が特徴的です。

宇都宮みんみん

宇都宮みんみんは、肉控えめで、白菜などの野菜がたくさん入っているのが特徴的な餃子です。ニンニクも控えめで、味はさっぱりしており、ヘルシーで健康志向の人にもピッタリです。焼き餃子だけでなく、水餃子も絶品です。

TOP