中身の具へのこだわりとたれへのこだわり | 安くて美味しい通販餃子は?おすすめ人気ランキング!|お取り寄せ餃子徹底講義

alt_02

中身の具へのこだわりとたれへのこだわり

餃子の味を決めるのは、本体とたれです。どちらもがうまくマッチすることでおいしくなります。たれが通常とは異なるものを用意してくれるお店が人気です。酢醤油以外でも、おいしく食べることができます。

たれがおいしいことで話題になるお店

餃子の味を決める部分として、まずは本体部分があります。皮や餡の部分で味が大きく左右します。ただ、中に入っている具は各お店でそれほど大きな違いはありません。豚肉や野菜、にんにくになります。その他に差が出るところとしてはたれがあります。自分のお店の物をできるだけおいしく食べてもらおうと、各お店で試行錯誤をしておいしいたれを作っています。お取り寄せで人気のあるお店では、ほかのお店にはないたれを用意しているところがあります。酢醤油でも複数種類用意していたり、酢醤油とは全く異なる趣向のたれをつけているところもあります。

羽根付きが自宅で作ることができる

餃子は、一つ一つが単独で焼かれてお皿に盛りつけられます。でも、お店によっては羽根付と呼ばれるタイプがあります。皮は小麦粉で作られますが、この皮が水などに少し溶けやすい場合があります。すると、焼いているうちに隣とくっつき、間に薄い膜ができます。この部分を羽根と言い、通常とは違うタイプとして喜ばれます。お取り寄せで人気のタイプでも、自宅で羽根付を焼くことができるものがあります。手順通りにフライパンに並べて加熱し、適度なところで水を入れて蒸らすときれいな羽根ができます。見た目も味も良くなります。

キャベツではなく白菜を使ったタイプ

餃子には野菜がたくさん入っています。その大半を占めると言っていいのがキャベツです。加熱をすると適度に甘みが出て、シャキシャキ感も食べた時の食感に影響することがあります。お店によっては、キャベツとは別の素材を使うところがあります。お取り寄せで人気を誇るお店では、キャベツも入っていますが、白菜を多く入れているところがあります。似たような野菜ですが、食感や味は異なります。そのために、味の雰囲気も変わります。キャベツだけのものに比べると、シャキシャキ感があり、甘みも多少増しています。お肉との相性もばっちりです。

まとめ

餃子はおいしそうに見えることも重要です。羽根付タイプは間に膜ができるタイプで、見た目にも食欲をそそります。お取り寄せで人気のお店でも、羽根付を購入できるところがあります。自宅でも簡単につくることができます。

オススメ記事

宿院龍華山の生餃子

宿院龍華山の生餃子は、「泉州犬鳴ポーク」というブランド肉を贅沢に使い、素材にもこだわって作られている餃子です。白ご飯に合う餃子をコンセプトとした味付けがされており、白ご飯を引き立てるしっかりめの味が特徴的です。

宇都宮みんみん

宇都宮みんみんは、肉控えめで、白菜などの野菜がたくさん入っているのが特徴的な餃子です。ニンニクも控えめで、味はさっぱりしており、ヘルシーで健康志向の人にもピッタリです。焼き餃子だけでなく、水餃子も絶品です。

TOP