小麦粉の皮とは違うおいしさを味わえる | 安くて美味しい通販餃子は?これで丸わかり!|お取り寄せ餃子徹底講義

alt_02

小麦粉の皮とは違うおいしさを味わえる

餃子を提供しているお店はたくさんあります。具に凝るところはありますが、あるお店は皮にこだわっています。小麦粉ではなく鶏皮の皮で作られています。皮の部分もおいしいですが、もちろん餡もおいしいです。

皮がパリパリを好むならこのタイプが良い

日本で餃子といえば焼くタイプが一般的です。焼くときは、油をひいて焦げ目をつけ、その後水などを入れて蒸らします。これによって、パリ、モチの食感を得ることができます。中からジューシーな具が出てくるのも特徴です。人によっては、モチの食感より、全部パリパリの食感の方がいい人もいるようです。その場合に選びたいのが、皮に鶏皮を使ったタイプがあります。通販でも購入することができ、冷凍状態のまま油で揚げて調理をします。油で皮全体が上るので、外側はパリパリです。そしてかむと中からジューシーな具が出てきます。鶏皮の味も楽しめます。

通常の皮とは異なる皮で包まれている

餃子の皮は、通常は小麦粉で作った生地を使います。生の状態だと食べることはできませんが、加熱をすることでモチモチになります。噛んだ時に中の餡からジューシーな肉汁などが出てきて、食感なども楽しむことができます。でも、小麦粉とは異なるタイプの皮を使ったものがあります。それは、鶏皮を皮に使っている商品です。見た目は普通のものと変わりません。食べた時も、最初の感覚は変わりませんが、食べていると徐々に違いが判ります。皮にもジューシーさがあり、一度食べると病みつきになります。通販でも購入が可能です。

鍋に入れてもおいしく食べることができる

餃子の食べ方は様々です。日本では焼く方法がよく取られ、発祥の中国ではゆでるタイプが一般的になっています。その他揚げる方法もあります。通販で人気なのが鶏皮を皮に使ったタイプです。最も人気なのが揚げる調理方法ですが、揚げる方法以外でもおいしく食べることができます。鍋にいれることがありますが、こちらも鍋にいれてたのしむことができます。良く鍋に鶏肉を入れることがあります。同じような感覚で食べることができます。鍋で煮込むと、皮の部分はモチモチした食感になります。鶏皮からもだしが出て、おいしい鍋を作ることができます。

まとめ

餃子といえば通常は小麦粉の皮を使いますが、鶏皮を使ったタイプが人気です。鶏皮で餡を包んでいて、いろいろな調理方法を楽しむことができます。おすすめの調理方法として、油で揚げる方法が知られています。

オススメ記事

宿院龍華山の生餃子

宿院龍華山の生餃子は、「泉州犬鳴ポーク」というブランド肉を贅沢に使い、素材にもこだわって作られている餃子です。白ご飯に合う餃子をコンセプトとした味付けがされており、白ご飯を引き立てるしっかりめの味が特徴的です。

宇都宮みんみん

宇都宮みんみんは、肉控えめで、白菜などの野菜がたくさん入っているのが特徴的な餃子です。ニンニクも控えめで、味はさっぱりしており、ヘルシーで健康志向の人にもピッタリです。焼き餃子だけでなく、水餃子も絶品です。

TOP