日本で飼育された特別な豚肉を使用 | 安くて美味しい通販餃子は?これで丸わかり!|お取り寄せ餃子徹底講義

alt_02

日本で飼育された特別な豚肉を使用

牛肉には全国にブランドがあることが知られています。同様に豚肉にもブランドがあります。国内のブランド肉を使って作った餃子を通販で購入できるので、利用してみましょう。通常の豚肉の物とは風味が異なります。

日本で飼育された豚肉を使っている

今は食肉として良く知られている豚肉ですが、元々野生で存在していたわけではありません。イノシシを家畜化することで誕生した人間が作った動物です。そのため、日本にも最初は海外から輸入されることになります。今は日本でも多くの場所で飼育されていて、ブランド豚などもあります。餃子を通販で利用するとき、国産の豚肉を使っているところを利用すると良いかもしれません。安い材料を使おうとするところでは、海外産の豚肉を使っているところがあります。飼育をするときの餌などが異なるので、最終的な味にも違いが出てきます。日本の物の方が安全でおいしく作れるでしょう。

材料のこだわりを持っているお店から購入

小麦粉といえば、あまり日本では生産されていません。日本にある小麦粉のほとんどが海外産とされています。特に問題はないでしょうが、海外から輸入されるときに何らかの問題があるかもしれません。餃子の通販を利用するとき、材料にこだわりを持っているお店を利用するとよいでしょう。あるところでは、すべての素材を国産にしていました。豚肉や野菜などは国内で調達するのはそれほど難しくありません。しかし、小麦粉となるとなかなか難しく、コストも高くなる可能性があります。それでも、味と安全のためにこだわられています。

中国で作っているわけではない冷凍品

日本は経済大国なので、日本で物を作ろうとするとどうしても価格が高くなります。そこで、一定の製品は海外に生産を移すことがあります。繊維や家電製品を海外で作ることが多かったですが、食品を海外で作ることも多いです。冷凍食品の多くも海外で作られています。餃子に関しても、冷凍食品会社では中国で作っている場合があり、心配をすることがあるかもしれません。一般的なお店から通販で購入できるものは、お店や直営の工場で作っています。ですから中国ではなく国産になります。材料や品質管理などもきちんと行われているので、心配する必要はありません。

まとめ

日本は自給自足が難しい国といわれています。小麦粉などは輸入に頼っている状態です。そんな中でも餃子を皮からすべて国産にこだわって作っているところがあり、通販などを利用して購入できる場合があります。

オススメ記事

宿院龍華山の生餃子

宿院龍華山の生餃子は、「泉州犬鳴ポーク」というブランド肉を贅沢に使い、素材にもこだわって作られている餃子です。白ご飯に合う餃子をコンセプトとした味付けがされており、白ご飯を引き立てるしっかりめの味が特徴的です。

宇都宮みんみん

宇都宮みんみんは、肉控えめで、白菜などの野菜がたくさん入っているのが特徴的な餃子です。ニンニクも控えめで、味はさっぱりしており、ヘルシーで健康志向の人にもピッタリです。焼き餃子だけでなく、水餃子も絶品です。

TOP